三五八の使い方
IMG_3139

三五八漬けとは福島県、山形県、秋田県の郷土料理で、麹で漬けた漬物のこと。名前の由来は漬床に塩、米麹、米をそれぞれ容量で3:5:8の割合いで使うことからである。(wiki抜粋)

小さい頃から親しんでいる、三五八ですが、最近野菜の漬物ではなく、魚やお肉に付けて常備すると時間がないときのおかずにピッタリになることがわかり、日曜日には食材を買い込み一気に漬けます。

魚も肉もパラパラと触れるくらいの量で大丈夫です。
多いとしょっぱくなるので注意!

近年塩麹がブームですが、水分と熟成期間が違うようです。(このあたりは、お米を食べる通信で後日書く予定です)
お手軽に使える発酵調味料としては、優れた調味料。