ふくしまのお正月は「いか人参」
IMG_2242

細く切った人参とするめを、しょうゆ・みりん・酒などで漬けるだけの「いかにんじん」

江戸時代後期から作られ、食されてきたと言われ一説には北海道の郷土食「松前漬け」は江戸時代に福島の武士が北海道松前地方(福島町)に移封された際に伝えた「イカニンジン」がもとになっったとか。(諸説あり)

冬に不足がちなビタミンや淡泊知ると補うための保存食となったとも言われ、家庭によって昆布や切り干し大根など各家庭・地域で特色があるようです。