東北食べる通信・名取の三浦さんの芹むすび
IMG_3162

東北食べる通信で届いた名取りの芹(せり)
根元は芹鍋でいただきましたが、葉先は少し塩もみして、
刻んでご飯と混ぜておむすびに。

創刊号でお届け予定のうこぎは初夏の香りですが、
こちらは春の味という感じで、とてもおいしいおむすびでした。

食材の生産者のストーリーを知り、大切に食べる。
新しい年号も「令和」と決まりましたが、
慌ただしい激動の平成から、「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味合いとともに、食文化も美しくありたいなと思うのでした。